生活と美容

夏になると辛いのがエアコン代。ちょっとでも節電するには?

投稿日:

夏になると辛いのがエアコン代。

私はワンルームのマンションに住んでいるので春、秋、冬の電気代はは3000円以内。4万円ちょっとで水道代込みの家賃のお家で暮らしているのでガス代、電気代合わせて5万円の計算で生活しています。

でも最近の猛暑と言ったら、“猛暑警報”なんて言葉が出るくらいのキツイもの。ニュースやネットでも「ためらわずにエアコンを使いましょう」なんて言葉を耳にします。

使いたいです。ためらわずに使いたいけど・・・。怖いのがやっぱり電気代。5万円を超えると食費を削ることになるし、多くない食費を削るのはやっぱり辛いです。

そうなってくるとやっぱり、どうにかエアコン代を節約する方法を考えないといけませんよね。

1.とにかくお掃除

エアコンのお掃除と言われるとフィルター掃除が代表ですよね。
エアコンを開けてフィルターを外してみるとビックリ。こんなにホコリが溜まっていたのか・・・。なんて思うはずです。

このフィルター掃除をするだけでも、電気代はかなり節約できるそう。

そしてそれだけじゃなくて室外機にも注目です。室外機が汚れていて風投資が悪くなっていたら、エアコンはその分パワーを使ってしまいます。

フィルター、室外機をしっかり掃除する事によってエアコンの正しい効果が発揮されて、節電に繋がりますよ。

2.きちんとしたカーテンを使いましょう

エアコンをガンガンにしていても、日差しがきつければやっぱり「暑い」と感じますよね。

それもそのはず、日差しによって部屋の気温はどんどん上がっていってしまいます。

なので、エアコンをかける際はしっかりとカーテンをして日差しを防ぐようにしてください。

日差しがきつい場所でのエアコンは意味がないと言っても過言ではないので、どんどん温度を低くしないと涼しくなりません。

エアコンをつけているのに熱中症なんてことも起きかねないので、カーテンはしっかりしたものを、しっかりしめるようにしましょう。

3.スイッチのON・OFFはしすぎちゃダメ!

電気代が気になるから、我慢してOFFしたけど・・・その1時間後、やっぱり暑くてONにしちゃう!

部屋が冷えたから一旦切って、また暑くなったらONにしよう・・・。

上記の行動は節電に思えますが、逆に電気代を高くしてしまう可能性があるのです。

エアコンは暑い空気を冷やすのが仕事。「つけたて」が一番パワーを使うのです。

そのため、何度もON・OFFを繰り返してしまうとなんども「つけたて」の状態を続けるということになってしまいます。

つけっぱなしの方がコスパがいいなんて意見もあるくらいですから、何度もつけたり消したりするのは避けた方がよさそうですね。

4.自動運転が一番涼しい?

エアコンには風量や温度設定など、いろんな設定ボタンがありますよね。

その中でもちょうどいい温度にしてくれるという意味の“自動設定”がありますが、実はこれが一番電気代がかからないんです。

ちょっとくらい暑い方がいい、ちょっと寒めが好きなんて意見があるのはもちろん、そのちょっと暑い、ちょっと寒いの感じ方もそれぞれですが、それくらい我慢できるや!という人は自動設定の方がいいかもしれませんね。

まとめ

とにかく熱い日々が続く夏。節電さえできれば嫌いじゃないのに・・・という人も少なくないと思います。

・とにかくお掃除
・きちんとしたカーテンを使う
・スイッチのON・OFFをしすぎない
・自動運転にする

上記を試してみて、節電できたかどうか電気代を比較してみてはいかがでしょう。

-生活と美容

Copyright© happy-life-blog , 2018 AllRights Reserved.